fixedImage
TOEIC 990(満点)の管理人による、英字新聞、英語ニュースを題材に英語学習ができるサイト
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

Tokai University wins Hakone ekiden 東海大学箱根駅伝優勝



Tokai University wins Tokyo-Hakone ekiden

Tokai University came from behind to win the Tokyo-Hakone
ekiden for the first time on Thursday.

Tokai University, starting 1 minute, 14 seconds behind
Wednesday's first-day leader Toyo University, clocked a total
time of 10 hours, 52 minutes, 9 seconds for the two-day,
10-segment round trip from Tokyo to Hakone, Kanagawa Prefecture.

-From The Japan Times Online
http://goo.gl/sm9gtu


────────────────────────────────────
◆構造チェック
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
http://www.thebelltree.com/kigou.html

☆:↓の図がずれて見える方は↓をご覧下さい。
https://www.thebelltree.com/m/190111.png


1文目

.    S      V
│Tokai University│came (from behind) (to win the Tokyo-Hakone
└────────┴─┬────────────────────
.           SP1

ekiden for the first time) (on Thursday)│
────────────────────┘

※:behindは名詞ではないので、本来はfromという前置詞の後ろに
  置かれるのはおかしいのですが、come from behindというセット
  においては、この形がよく例外的に使われます。


to win(副詞「結果」)

. S   V    O
│略│to win│the Tokyo-Hakone ekiden (for the first time)│
└─┴─┬─┴──────────────────────┘
.    SP3


2文目

.  S
│Tokai University, (starting 1 minute, 14 seconds behind
└────────────────────────────

.                         V
Wednesday's first-day leader Toyo University),│clocked │[a
───────────────────────┴─┬──┴─
.                         SP3

.   O
total time <of 10 hours, 52 minutes, 9 seconds>] (for [the
─────────────────────────────

two-day, 10-segment round trip <from Tokyo to Hakone, Kanagawa
───────────────────────────────

Prefecture>]) │
───────┘


starting(分詞構文)

. S   V
│略│starting (1 minute, 14 seconds behind Wednesday's
└─┴──┬──────────────────────
.     SP1

first-day leader Toyo University) │
─────────────────┘

※:1 minute, 14 seconds behind Wednesday's first-day
  leader Toyo Universityは長いですが、仕組みとしては、

  three years agoと同じ、
  「数字+単位+副詞」を1つの副詞と見るのと同じ仕組みです。
  ただ、「副詞」の部分がbehind〜Universityと長い、
  「前置詞+名詞=副詞」になっているので、わかりづらいですね。


☆:↑の図がずれて見える方は↓をご覧下さい。
https://www.thebelltree.com/m/190111.png



────────────────────────────────────
◆語彙解説
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
http://www.thebelltree.com/kigou.html


・for the first time [副] 初めて

・clock [3V] (時間を)記録する

・segment [C] 区間、部分

・round trip [C] 往復

・prefecture [C] 都道府県


────────────────────────────────────
◆日本語訳
------------------------------------------------------------------------

東海大学が箱根駅伝を制する

東海大学が木曜日、逆転し、箱根駅伝を初めて制した。

東海大学は、水曜日の1日目の勝者東洋大学から1分14秒遅れでスタート
し、2日間の、10区間での東京と神奈川県の箱根の往復で、
総合で10時間52分9秒を記録した。



────────────────────────────────────
◆背景知識解説
------------------------------------------------------------------------

毎年、1月2、3日に行われている恒例の箱根駅伝。

去年まで青山学院大学が4連覇中で、5連覇の達成に注目されましたが、
初日の往路(東京→箱根)で6位と出遅れ、厳しい状況に。

総合優勝したのは、往路で2位だった東海大学。
復路(箱根→東京)で、往路優勝の東洋大学を抜き去り、
そのまま1位でゴールインし、初優勝を飾りました。

2位には、復路で激しく追い上げた青山学院大学、
3位には往路優勝の東洋大学が入りました。

往路優勝(1月2日のタイムだけで争う)は東洋大学。
復路優勝(1月3日のタイムだけで争う)は青山学院大学。
総合優勝(2日間のトールタルタイム)は東海大学と、

往路優勝、復路優勝、総合優勝が3校に分かれるという、
珍しい事態も起きました。


今回の内容は以上になります。

英文法を理解する形で学んで、問題が解けることはもちろん、
英会話、ライティング、リスニング、リーディングにも応用できる
英文法力をつけたいたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。(1月17日(木)締切)


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC リーディングセクションで420点!(総合で630→780にアップ!)
 16, 17問解き残してもこのスコア(解いた問題はほぼ全問正解)」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していた
だけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切は1月17日(木)となっております。

[News] 今のお申込で、本1冊分の豪華特典「TOEICのスコア診断と対策」

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm


最後までお読みいただきありがとうございます。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。


無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読者登録中の無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る