fixedImage
TOEIC 990(満点)の管理人による、英字新聞、英語ニュースを題材に英語学習ができるサイト
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語リスニング、音が合体するリエゾン



リスニングのトレーニングをしているときに、

「聞き取れないなぁ、きっと知らない単語なんだろう」

と思って、スクリプトを確認してみたら、実は知っている単語、しかも誰でも知っているような簡単な単語だった。

なんてことありませんか?

例えば、putとか、itとか、onとか。

encyclopediaみたいに難しくて長い単語ならともかく、こういう単語を聞き取れないとちょっとショックですよね。

中学1年生、もしかしたら小学生でも知っている単語なのに‥。


実は、こういう簡単な単語を聞き取りにくくしている現象があるのです。
しかも簡単な単語、しょっちゅう使う単語ほど聞き取りにくかったりします。

さっき、簡単な単語の例として、put、it、onを挙げましたが、これ、順番通りに並べると、

put it on

ですよね。

これはよく使われる表現で、「それを身に付ける」という意味です。どれも簡単な単語で、しょっちゅう使われます。

そのため、ネイティヴはこの3つの単語をつなげてしゃべるのです。

カタカナで書けば、「プティトン」みたいな感じになります。

プット イット オンなんてはっきりと単語を分けて発音しないんです。

このようにつなげて発音されると、リスニングが苦手な人は、

「プティトン? 知らない単語だなぁ。」

と1つの単語だと勘違いしていまうのです。


じゃあ、「put it onはプティトンと発音する」とわざわざ覚えなければならないのかというと、そんなことはありません。この合体の仕組みを知っておけば、他でも応用ができます。前号でお話ししたように、英語には子音のみ発音するものが一杯あります。

putもプの部分は母音が入っていますが、トの部分はtoではなく、tという子音だけの発音なんです。itもイは母音ですが、トはtという子音だけ。

実は、put itのように、

子音のみ発音で終わる単語+母音のみ発音から始まる単語

が続いたときは、合体する傾向にあるのです。

具体的に言うと、putのtとitのiが合体して、ティになるんです。

itとonも同様に、
「子音のみ発音で終わる単語+母音のみ発音から始まる単語」
の組み合わせですよね。

これもtとoが合体して、トになるわけです。

なので、put it onを続けて発音すると、プティトンになるわけです。


この現象を「リエゾン」と言います。

リエゾンも子音のみ発音と同様に、日本語にはない概念ですから、
しっかりと、スクリプトつきで、大量の英文を収録した教材でリスニングのトレーニングを積む必要があります。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読者登録中の無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。